HOME>ホットトピックス>年々人数が増える業界で、いかにして生き残るか

基礎を学べる

声優になりたいのであれば、専門学校に通うしかありません。まず、声優業界自体が年々人数が増えてきていますので、演技力がなければ生きていけない業界です。演技の基礎がなければ当然務まりません。その演技力を一から学びたいのであれば、専門学校に通うことです。高校を卒業して入学試験に合格すればそこで二年間、みっちりと演技指導を受けることになります。昔は平日の日中だけでしたが、最近では平日の夜間クラスや土日のみのクラスがあり、会社勤めの人でも通学しやすくなりました。この通学しやすくなったということが、注目される要因となりました。

プロダクション直営であれば

声優になるには、最初はどこかしらのプロダクション預かりから声優としてのキャリアがスタートします。この預かりになるにもプロダクションのオーディションに合格しなければなりませんが、プロダクション直営の専門学校であればオーディションで若干有利になります。このオーディションで有利になることも、プロダクション直営の専門学校が注目される要因です。そして、大手であれば預かり後も各アニメのキャラクターオーディションに呼ばれる回数も多くなりますので、入学する専門学校で今後の声優人生が左右されると言っても過言ではありません。

広告募集中